病院写真1.jpg

常に寄り添える医療を目指して

  • YouTube

Showa University Esophageal Cancer Center

昭和大学

食道がんセンター

unnamed.png

News

unnamed_edited.jpg

村上 雅彦

センター長・特任教授

食道がんセンター長挨拶

2020年12月1日付けで、昭和大学学校法人の直属施設として『食道がんセンター』が開設されました。
従来、昭和大学病院では食道癌手術は胸部外科が主担当科として治療を行っていましたが、1996年に消化器・一般外科で私が国内他施設に先駆けて胸腔鏡・腹腔鏡併用食道癌根治術を導入以来、消化器・一般外科が担当する事となりました。当初は年間5例という症例数でしたが、手技の標準化に伴い、年間100例以上を経験するようになり、2018年に『食道外科』として独立した診療科となり、より専門性の高い医療を提供できるようになりました。これに伴い、食道癌治療という特殊性から他診療科や他職種によるサポート・連携が必須となり、食道癌チームボード・食道癌ボードが立ち上がり、質の高い・合併症の少ない医療=患者にとって低侵襲・安全な医療の実践が可能となりました。ここ数年は年間150例近い手術が実施されるようになり、単なる診療科の枠を越えた専門性の高いチーム医療の場が必須となり、このセンターの新設が実現しました。
食道癌手術における当センターの特徴は、過去5年間で定期手術としての開胸手術はなく全例胸腔鏡手術(ロボット手術含む)であり、現在まで1300例以上とHigh Volume Centerとしての実施経験があり、最も発生率が高く致命的とされる術後合併症である反回神経麻痺・縫合不全率が3%以下という低率化を実現している事であります。
本センターの目的は、食道癌手術における世界でのリーダー的位置を目指す事とともに、患者・医師にも広く開かれたセンターとして発展する事であります。すでに、国内外問わず多くの食道外科医の見学・留学、海外での指導的講演・手術を行ってきましたが、更なる飛躍の一歩として新規一転がんばる所存であります。
患者さんからの食道癌治療に対する疑問・質問、食道外科に興味のある医学生・研修医の受け入れ、食道外科医を希望される外科医の修練等、として広く活用できるような場として門戸を開けてお待ちしております。

食道がん治療について

食道がんの治療について①.jpeg
食道がんの治療について②.jpeg
%E6%9D%91%E4%B8%8A%E6%95%99%E6%8E%88_edited.jpg
IMG_1705.jpeg

当センターの特徴

当センターの特徴①jpg.jpg
IMG_4955.jpeg
niko-photos-tGTVxeOr_Rs-unsplash_edited.

FAQ

皆様の疑問にお答えしています、疑問がある方は一度FAQをご覧ください。

  • YouTube

メール受付

当ホームページでは患者さん、学生・研修医からの問い合わせを受け付けております。

​お気軽にお問い合わせください。

食道外科研修希望者募集中!!

 

昭和大学  食道がんセンター

〒142-8666 

東京都品川区旗の台1-5-8

Email: showa-eso@med.showa-u.ac.jp

Tel: 03-3784-8400(医療連携室)

     03-3784-8542(外来)

Opening Hours:

Mon - Fri: 8:30 - 17:00 

​​Saturday: 8:30 - 13:00 ​

Sunday: Closed

Copyright(C) 昭和大学 食道がんセンター All Rights Reserved.